シミ治療は本当に効果があるのか【綺麗な肌を取り戻す方法】

治療の種類

鏡を見る女性

肌にできてしまったシミ

年を重ねるとどうしても加齢による肌トラブルが起こりやすくなります。そのひとつにあるのが「シミ」。シミは、顔の皮膚層に蓄積されたメラニン色素の沈着によって発生します。若い頃の肌は、肌のターンオーバーに乱れが起こりにくいのでシミができる前にメラニン色素を除去できました。しかし、年を重ねれば重ねるほど紫外線などが原因でメラニン色素の生成が増えてしまう上に肌のターンオーバーの働きが悪くなってくるので発生しやすくなります。そんなシミを除去したいとなったら、スキンケアだけでは除去が難しいので美容クリニックへ行ってシミを除去する治療を受けることを考えるでしょう。シミを除去する治療といえば、今最も有効なのは「レーザー治療」です。レーザー治療にも色々とあるので、以下にまとめてみました。

さまざまな種類がある

シミを除去できるレーザー治療は、幾つかの種類があります。それぞれの特徴を簡単に紹介します。まずは、今最も使われていることが多い「YAGレーザー」です。これは、基本的に一回の治療で表皮と真皮にあるシミを破壊できる威力を持っています。ただし、治療後は一週間ほど患部に絆創膏を貼る必要があります。次は「Qスイッチルビーレーザー」です。これは、皮膚の深いところにあるシミを集中的に除去できます。色が濃いシミに対して有効です。シミが消えるまで施術から一週間から10日ほどかかります。美肌効果も期待できる「フォトRF」は、メラニンに反応して効果を発揮します。そのため、正常な組織を傷つけにくいので肌に優しく、細胞の働きを活発にすることができます。ただし、何度か施術する必要があり、2週間から3週間あけて数回照射することになるので、シミが消えるまでは時間がかかります。ダウンタイムがほとんどない「フォトフェイシャル」は、顔全体にさまざまな周波の光を当てていきます。何度か照射することで効果を実感できるので、長期間にわたって治療を受けることになります。今注目されてきている「レーザートーニング」は、弱い光を照射していきますがこれまでレーザー治療では消せないと言われていた肝斑にも効果があると言われています。さらに、肌の組織に必要なコラーゲンの生成も促進できるので、肌のハリとキメの改善も望めて高いアンチエイジング効果を期待できます。最後は「炭酸ガスレーザー」です。これは、患部を除去する方法です。局所麻酔をかけてから治療を行なうので、麻酔をかけるときに注射する痛みだけでシミを除去できます。ほぼ一度の施術でシミを取れるので、早くシミを無くしたい人には最適な治療でしょう。しかし、治療後1週間~10日ほど患部に塗り薬と絆創膏を貼らないといけません。

自分に合う治療を選ぶ

これまで紹介してきたようにレーザー治療だけでも色々とあります。レーザー治療は、シミの種類によっても効果の有無が異なるので、自分に合う治療を見つけるためにまずは美容クリニックへ行って相談することをおすすめします。

頬を触る人

どんな流れで行なうのか

美容皮膚科でのシミ治療の流れは、簡単にいうとカウンセリングしてシミの種類を把握し、それに合わせた治療を行なうことになりますが、詳しく知りたい方もいらっしゃるでしょう。ここでは、シミ治療の流れをご紹介します。

もっと見る

カウンセリング

料金を知りたいのなら

シミを取りたくても治療にかかる料金がわからないということで、なかなか一歩踏み出せない方もいらっしゃるかと思います。そういった方に向けて、シミ治療の料金相場をご紹介します。

もっと見る

鏡を見る女性

選ぶ時の注意点

美容クリニックなどでシミ治療を受けるとなったら、まず病院を探さないといけません。その病院選びで注意点が幾つかあるので、事前に知っておきましょう。そうすることで、病院選びを失敗することはなくなるでしょう。

もっと見る

To Top